大山隠岐国立公園内・一向平キャンプ場(いっこうがなるきゃんぷじょう) 大山隠岐国立公園内・一向平キャンプ場(いっこうがなるきゃんぷじょう)

コンセプト

国立公園の森林のなかでアウトドアライフを楽しもう

大山隠岐国立公園は、海の隠岐諸島から大山を中心とする山岳地帯まで広がる、山陰を代表する景勝地です。そのなかで大山東側の森林の中に滞在できる「一向平キャンプ場」が、2020年6月リニューアルオープン。雄大な自然をより親しみやすく快適に楽しんでいただけるように数々の新施設と運営見直しを加えて、この夏以降のご予約を受付中です。

四季折々に美しい「大山滝」と星取県の夜空に抱かれて

キャンプ場から歩いて約50分で「日本の名滝百選」の大山滝に行けます。森林浴を楽しみながら歩けるハイキングコースで、途中には急斜面の階段や大吊橋も。初夏は新緑が美しく、秋には森の紅葉を楽しめます。夜は、天気さえ良ければ頭上に素晴らしい星空。日常を離れて心身リフレッシュでき、大切なご家族や仲間との良い時間をお過ごしください。

■「星の見えやすさ」で鳥取県は全国1位!  【鳥取県は、星取県になりました】

どの市町村からも天の川が見え、 流星群の時期でなくても流れ星が見えやすい鳥取県は、夜空を見上げれば星に手が届きそう。 そんな鳥取県を皆さんにもっと堪能していただきたいという思いをこめて、「星取県」を名乗ることにしました。どうぞ皆さん、たくさん星を取りにいらしてください。 (「CATCH the STAR 星取県」ホームページより)